【FX覚えておきたい酒田五法】三山・三川を徹底検証してみた

FX

 

稼いでいる投資家なら知っている「酒田五法」

 

この酒田五法は江戸時代からあり、
ロウソク足の組み合わせから導き出されたチャート分析法なのです。

 

つまり、酒田五法のチャートパターンをエントリーの鉄板条件とすれば
初心者でも利益が出る可能性が高まります。

 

今回は酒田五法の三山・三川について詳しく解説していきます。

 

形を覚えてトレードに活かしていきましょう。

 

 

酒田五法とは?

 

酒田五法とは江戸時代からある
ロウソク足の組み合わせから導き出されたチャートパターンです。

 

当時の相場師である本田宗久さんという方が考案したもの。

 

現代のような携帯電話やパソコンもない時代にこのような理論を編み出し、
それが現在もずっと通じているとは驚きです。

 

酒田五法 一覧

 

酒田五法は名前の通り5つのチャートパターンが存在します。

 

 

三山(さんざん)
三川(さんせん)
三空(さんくう)
三兵(さんぺい)
三法(さんぽう)

 

今回は最もポピュラーである三山と三川を詳しく解説・検証していきます。

 

 

三山(さんざん)

 

三山とは、相場の天井を見極めるチャートパターン。

名前の通り3つの山を作る形となります。

 

 

前回の高値へ3回挑戦するも、高値を更新できず。
その先は下降へ転じる可能性が極めて高い。

 

別名「トリプルトップ」とも呼ばれます。

 

 

このように、3回同じ高値付近まで挑戦したけれども、
全て高値の更新できていませんよね。

 

高値付近で、強いバリアが張られているというイメージを持つとわかりやすいと思います。

 

このような形になると下降へ転じる可能性が高くなるのです。

 

 

 

また三山の形では、2回目の高値が1番高くなるパターンの出現も多くあります。

 

この形を「三尊(さんぞん)」または「ヘッドアンドショルダー」と言います。

 

では上記で説明したチャートパターンを実際のチャートで当てはめてみましょう。

 

 

このチャートパターンが出現すると、売りの優位性が高まるため、
流れに沿ってエントリーをするのがベストです。

 

 

三川(さんせん)

 

三川とは、相場の底を見極めるチャートパターン。

 

名前の通り3つの川を作る形となります。

 

前回の安値へ3回挑戦するも、安値を更新できず。
その先は上昇へ転じる可能性が極めて高い。

 

別名「トリプルボトム」とも呼ばれます。

 

 

 

このように、3回同じ安値付近まで挑戦したけれども、
全て安値が更新できていませんよね。

 

この安値付近で強いバリアが張られているというイメージを持つとわかりやすいと思います。

 

このような形になると上昇へ転じる可能性が高くなるのです。

 

 

三川の形では、2回目の安値が1番低くなるパターンの出現も多くあります。

 

この形を「逆三尊」または「ヘッドアンドショルダーズボトム」と言います。

 

では上記で説明したチャートパターンを実際のチャートで当てはめてみましょう。

 

 

このチャートパターンが出現すると、買いの優位性が高まるため
流れに沿ってエントリーをするのがベストです。

 

三山、三川のトレード方法

 

ここでは、上記で解説した三山と三川のトレード方法を検証していきます。

 


三山を発見しましたが、
出現したからすぐにショートエントリーをするのは根拠が薄い可能性があります。

過去相場では上昇トレンドが発生していたため、
ここで意識されていたトレンドラインを引いてみましょう。


三山はトレンド転換を狙うチャートパターンとなるので、
三山+トレンドラインを割る形をおさえたほうが堅いトレードです。

 

 

トレンドラインを割り、
そのトレンドラインに高値タッチ。


安値と高値の切り下げが確認できたので、ここでショートエントリーをしてみます。

 

 

その後下落し、無事に利益確定に到達しました。


さらに、この直近の安値に注目してください。

安値を3回つけているので、三川が確認できます。

 

 

直前では、下降トレンドが発生していたので、
三川+下降トレンドを割る形を確認していきましょう。

 

 

トレンドラインを割り、
新たに追加した上昇トレンドラインに安値が支えられました。


高値、安値の切り上げが確認できたので、ここでロングエントリーです。

 

   

グッと伸び利益確定しました。

 

三山・三川が出現すると、トレンド転換の期待値が高まりますが
もう1つ+αの根拠があるとなお良いでしょう。

 

”これまで作っていたトレンドが形を崩す時”をわかりやすく判断するためには、
トレンドライン(斜めのライン)を引いて転換を見極めていきましょう!

 

三山・三川は使えない?

 

 

三山・三川はトレンド転換ポイントの予測として参考にされます。

 

基本的な考え方は、
三山が出現したらショート、三川が出現したらロングは鉄板なトレード方法ですが
これだけを根拠に判断をするのはリスクがやや高いです。

 

チャートというのは数多くの要因によって値動きが発生することを理解しましょう。

 

三山・三川と併せて、いくつかの手法やインジケーターを組み合わせて使用するのがおすすめです。

例えばダウ理論の明確なトレンド転換を取り入れてみたり、
移動平均線を活用しながら、
トレードの根拠をさらに強めていきましょう。

 

 

まとめ

 

【FX覚えておきたい酒田五法】三山・三川についてまとめました。

 

酒田五法の中でも三山・三川は最もメジャーなチャートパターンです。

 

多くのトレーダーが意識する形となりますが、
併せて他の手法やインジケーターを取り入れてみると、より期待値の高いエントリーができます。

 

三山・三川は1つの判断材料。

この形が出現したら次にプラスとなる根拠を探していきましょう。

 

 

FX経験ゼロの私が勝てるようになった2つのきっかけについても公開していますので、
こちらの記事も併せて読んでみてください。

 

【FX勝てるようになった2つのきっかけ】 23歳投資経験ゼロの体験談
✔FXでコンスタントに利益を出せるようになりたい!✔負けている原因がわからない。✔いまいち結果が出ずに気持ちが落ち込んでいる…✔FXを始める前に、どんなことを意識すれば結果に結びつくのか知りたい!この記事はこんな人におすすめ!

 

FXスタートアップ講座では未経験でも取り組めるよう、
本当に必要な知識だけをシンプルに学ぶことができます。

 

『正しいトレードスキルを正しく学びたい!』『裁量スキルをさらに極めたい!』という方は、
【無料】1週間講座をぜひご活用ください↓

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました