FXにおいて資金管理はなぜ重要なのか?徹底解説

記事

こんにちは!
今回は、いつも「資金管理!資金管理の徹底を!!」と言われている皆さんに、じゃあなぜ資金管理が大事なのか、資金管理を徹底することでどんなことが起きるのかについてお話していきたいと思います。

これからトレードを始める方はもちろん、何度も溶かしてしまう方や、ここぞという時にロット数を上げてしまって大負けしてしまう方、ぜひ参考にされてみてください。

 

 

資金管理とは

まず最初に、FXで言う資金管理とは何なのか。それは、

1トレードあたり最大でどれだけの損失額までなら許容できるのか
これです。
この、最大いくらまで許容できるのか、というのは個人個人違います。個人の資金量によって違います。自分の持っている残金に対し、1回のトレードにおいて何円までなら負けてもいいのか、ここを最初に考えてからトレードをすることなんですね。
そしてその損失許容額を決めたら、そのルールを徹底していくこと。それが資金管理となります。
 
 
それでは、資金管理のことがだいたい分かったところで、何%にしたら良いのか、具体的に見ていきましょう。
 
 
 
 

最大損失の具体例

例えば、資金10万円の人の場合の1回あたりの損失許容額を%別に見ていきます。

資金管理2%ルールの場合➡1回の負けが2000円までのトレード
資金管理1%ルールの場合➡1回の負けが1000円までのトレード
資金管理5%ルールの場合➡1回の負けが5000円までのトレード
となります。
 
また、例えば資金10000円から始めたとします。
その場合も見てみましょう。
 
資金管理2%ルールの場合➡1回の負けが200円までのトレード
資金管理1%ルールの場合➡1回の負けが100円までのトレード
資金管理5%ルールの場合➡1回の負けが500円までのトレード
 
このように具体的な数字に落とし込むと、理解しやすいですよね。
また、自分がエントリーしたはいいけれど、一体いくらまで下がってしまうのか(損失額)、不安になる必要がありません。

これは非常にメンタルに影響します。
 
 

資金管理2%がメジャーな理由

 
また、よく、資金管理の目安として最初は2%が良いと言われています。
 
2%がいい2%がいいと聞いたところで、実際それはいくらなのか?このように実際の数字で出してみると、腑に落としやすいですよね。
 
2%ということは、100000円の資金がある方だと、1回のトレードでの損失額は最大2000円です。10000円の資金の人は、1回のトレードで失っていい金額は200円です。
このように具体的な数字に落とし込むことで、メンタル的にも安心できます。
 
 

資金管理2%=50連敗で溶ける

さらに、資金管理2%ルールと決め、ルールを徹底した場合、50連敗して初めて溶かします

しかし、いくら何でも50回連続で負けるということは難しいです。

そのため、特にトレード技術が身についていないうちは、資金管理2%ルールを徹底して溶かさないことが大事です。

トレードの世界は、溶かしてしまったら退場しなければなりません。
資金がある人はまた入金すれば良いですが、トレード技術が身につく前に溶かしてしまったら意味がありません

その意味でも、資金管理2%またはそれ以下が技術を身につけているうちは良いですし、ルールを決めたらそれを徹底して守ることがとても大事になってきます。

もちろん、自分には1%が合っているという方は1%でも構いませんし、最初から資金力がある人はもっと高くても構いません。
大事なことは、2%なら2%、5%なら5%と、決めたらそのルールを守ることです。

 

資金管理のルールは心理的負担を感じるくらいがベスト

人間は、痛みや苦痛を伴うと成長する生き物です。

逆に、失っても何も感じない場合、成長は出来ません。

トレードに関しても同じで、資金管理のルールを設定する上で最もベストなのは、最大損失額を自分にとって少し痛みを感じるくらいの設定にすることです。

無理はもちろんいけませんが、少しだけ心理的負担のかかる金額になるような設定とすることです。

例えば、10000円の資金で、1%ルールとした場合、毎回の最大損失額が100円です。しかし損失額が100円なら、失っても何も感じないという場合、1%ルールに設定しないことです。今の資金10000円で、毎回100円失っても痛くないけれど、500円なら少し痛いな・・(でも耐えられる)と思うのであれば、資金管理ルールを5%にする。

負けたときに気持ちが痛いなと思うくらいの金額に設定することで、次こそ同じ負けを繰り返さないぞという気持ちが生まれ、成長しますなので、多少の痛みを伴うくらいの損失許容額に設定しましょう。

 

最も大事なことは、決めたルールを守り続けること

資金管理で失敗する人の多く、またはFXの世界から退場してしまう人の多くは、ここぞという局面で資金管理を無視してドカンと賭けてしまうことにあります。

または、損切りできないためです。

資金管理とは、決めたルールを守ること
どんなにここは大きく延びると思うポイントでも、FXに絶対はありません。
先程説明したように、資金管理2%ルールだと50連敗しないと資金が溶けないんですね。
つまり、2%ルールというルールなら、2%ルールを徹底している限り、ドカンと溶かして退場することはないということです。
 
投資の神様ウォーレン・バフェットが言っているように
 
「まずは生き残れ。」
 
とは、このことですよね。
 
そして、一体いくらの負けまでなら許容できるのかという具体的な数字が頭に入っていれば、不安になることがありません。
そのためにも常に決めた%で淡々とトレードすることが大事です。
 
トレードで大事なことは目先の勝ち負けではなく長期的に勝てるかどうか 
FXはトータルで勝てれば良いのです。
1回1回のトレードに一喜一憂しないようにしましょう。そのためにも自分で最大損失額はいくらなのか、常に認識しておくことがとても大事になってきます。
 

トレードに挑む前にリスクを受け入れておく

資金管理を常に意識して徹底しておくことで、毎回のトレードでいくらの最大損失額なのか、つまりリスクですよね、リスクを受け入れておくことが出来ます。

エントリーする前にリスクがどのくらいなのかを把握した上でエントリーしているということが大事です。

勝てそうな時に資金管理ルールを無視して上げて負けたら、相場から退場する速度を早めてしまいます。

逆に、毎回2%、1%と設定しておくことで、あと何回負けられるのか、腑に落としていればそんなにビビることがなくなり、メンタル面でもブレがなくなります。

そうやってコツコツと積み重ねていき、長期的にトータルで勝てることがFXでは大事な考えとなっています。

 

 

FXは複利で増やす

FXが稼げる理由は複利で増やせることにあります。

すぐに稼ぎたいという気持ちが強いと、これまで見てきたように資金管理をめちゃくちゃにして、ルールが徹底されず、勝てそうなときに大きく賭け、負けるかもしれない時には1%でトレード、、などとしてしまう人がいます。

しかし、FXは複利で増やすことができます。

とにかく相場から退場しないことが最も大切です。

そうならないために、しっかりと、資金管理のルールを、自分のちょっと痛いけれど大丈夫な範囲で決めたら、それを常に徹底することで、複利で残高は増えていきます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

漠然としていた、資金管理について少し具体的に分かりましたでしょうか?
世間が、先生が、2%が良いよ!と言うから2%にしています。。
そういった考え方だと、自分の中で腑に落ちていないため、どこかでブレてしまいます。

2%だと最大損失額が一体いくらなのか、それを把握し納得した上で資金管理何%にするのか、自分で決めましょう。そして、何回負けられるのかを頭に入れて、淡々とエントリーしましょう。

そうすれば、複利で増えていきます。

この未来予想図が頭に徹底してあれば、資金管理のルールを無視して勝とう!儲けよう!!と思うリスキーなことはなくなるんじゃないかなと思います。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

今回はここまでとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました