【FX 複数ポジション】通貨強弱を利用したトレードを解説

記事

 

今回は複数の通貨トレードを解説します!

 

 

同じような時間帯に、
クロス円関係を3つエントリーしました。

 

 

2022年3月末から円のパワーが弱く、
クロス円は上昇を続けていました。

 

その中で一時的に売りが入ったポイントでのエントリーです。

 

1つずつ解説していきます!

 

USD/JPY(ドル円)のエントリー

まずはドル円の解説です。

 

 

1番左のポイントは、
前回負けたエントリーになります。

 

負けエントリーの動画はコチラから▼▼

https://youtu.be/FzY_4oZAR4o

 

今回は右のピンクの図形部分をとっていきました。

 

4時間足

4時間足の解説です。

 

 

 

高値と安値を切り上げていて、
この時間足で見るとまだ上昇トレンドの範囲内

でも…

 

・これまでと比べ落とし方が大きい
・関連通貨が一斉に下落している

 

上記を根拠に
一時的なショートを狙っていけるのではという印象を持ちました。

1時間足

 

次に1時間足です。

 

 

 

直近の水平ラインは割れていませんが、

 

・過去の上昇トレンドラインをブレイク
・高値切り下げが継続

 

が確認できます。

 

チャートは、
トレンドラインとチャネルラインを行き来する動きが基本です。

 

今回は、
トレンドラインからチャネルラインのショートを狙っていきました。

 

15分足

15分足です。

 

注目していたポイントは

”最後の押し安値をブレイクしてくるか”です。

 

わかりやすいように水平ラインを引き、
1波と判断したポイントにフィボナッチリトレースメントも引いていきました。

 

 

結果的に…
波のカウントはこのようになりました!

 

(読みが当たり一安心。)

 

 

それでは、1点目のエントリーを解説します!

 

エントリーポイント:リトレースメント61.8
利確:チャネルライン
損切り:2波の高値

 

・根拠①

2波の修正波がフラットのような形であったこと。

 

・根拠②

水平ライン(押し安値)を抜けてきたら
下の勢いが早そうと感じたから。

 

・根拠③

トレンドラインにタッチし、
前回の安値を切り下げたから。

 

 

 

2点目のエントリーです。

 

15分足の5波を狙ったポイントになります。

 

 

エントリーポイント:トレンドライン
利確:チャネルライン
損切り:直近の高値

 

 

・根拠①

水平ラインに支えられ高値切り下げ。

 

・根拠②

トレンドラインで反発。

 

上記を根拠にショートエントリーを行っていきました!

 

GBP/JPY(ポン円)のエントリー

続いてポン円の解説です!

1時間足

まずは1時間足から。

 

ドル円とだいたい同じ時間帯にエントリーをしました。

 

ですが、
若干エントリータイミングは違います。

 

なぜかというと、
意識されているラインに対して
どう動いて来るかを注目していたからです。

 

意識されているラインの位置
各通貨によって異なります。

 

それぞれベストなタイミングまで
ねばって待っているのが理想的なトレードです。

 

 

今回すでに高値切り下げが確認できている状況でしたが、

過去に意識されていた水平ライン(ネックライン)をしっかり割ること
私は確認したかったのです!

 

しっかり割った後の
トレンドラインからチャネルラインへのショートをしていきました!

 

長期足のダウがしっかり完成してから
エントリーを決めていきました。

 

 

15分足

次に15分足です。

 

トレンドラインとチャネルライン2本を引きました。

 

長期足でダウが完成した後、
水平ラインに対して
形をどう作ってくるか注目していました。

 

結果、水平ラインに支えられ反発
前回の高値をまた切り下げたのが強い根拠となりました。

 

エリオット波動3波中の途中でのエントリーで、
リスクリワード比はやや低めでしたが
下がっていく可能性が高い形でしたね!

 

EUR/JPY(ユーロ円)のエントリー

最後にユーロ円の解説です!

1時間足

まずは1時間足から。

 

高値3点が切り下がっているのを見て
下降トレンドラインを引きました。

 

今回は3点目の高値切り下げてから
ショートエントリーをしていきました!

 

15分足

15分足です。

 

囲んでいるポイントの周期に注目してください。

 

深くまで戻して、下がる
といった動きを繰り返しています。

 

私はこの周期を見て、
動きがいまいち読みづらいなという印象を持ちました。

 

だったらわかりやすい動きが出るまで待とうと判断し、

 

・水平ラインを割る
・高値をもう一度下げる

 

この2点に注目して待つことにしました。

 

 

水平ラインを割り、新たな上昇トレンドが形成。

 

そのトレンドラインを割ったことを確認し、
下降トレンドの2波の押し目でエントリーをしました。

 

エントリー:リトレースメント61.8
利確:チャネルライン
損切り:リトレースメント23.6の少し上

 

 

今回のエントリーは、
守りよりも攻めを意識したトレードでした。


 

投資は”守りと攻め”のバランスが大事だと感じます。

 


守り=資金管理
攻め=
期待値の高いポイント

 

 

攻める時は、
的外れなロットを設定するわけではなく

普段設定しているリスクの%をやや上げています。

 

期待値の高いポイントで、
しっかりと利益が出せるように
勝ちパターンを作っておくのも重要ですね!

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

今回は複数の通貨トレードを解説しました!

 

円関連は同じですが、
入るタイミングは各通貨によって異なりました。

 

意識されているラインに対して、
どう動いてきたら優位性が高いのかということを考えながら

よりベストなタイミングでエントリーできるのが理想ですね♪♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ぜひ日頃のトレードにご活用ください!

 

 

タイトルとURLをコピーしました