【必見!!】【バイナリーオプション】実際のエントリーポイント解説!!

記事

こんにちは!

今回は、松尾先生のドル円エントリーのリアル解説となります!

バイナリーオプションのエントリーの最後の決め手は何でしょうか??

とても参考になりますので、

ぜひ何度も見て実践に活かしてみてくださいね!!

 

 

USD/JPY リアルエントリー解説 M15

こちら、

USD/JPYのM15です。

画面の赤矢印部分でエントリーをしています。

 

このエントリーのポイントとしては、以下になります。

 

・レンジ内であること

・このラインでヒゲが多発していること

 

 なぜこれが良いのでしょうか。 

   

まずレンジですが、

レンジは落ち着いた相場観なので、エントリーしやすい

ということです。

  

そして次に、

直近でヒゲで多数反発しています。

さらには過去にも反発していますね!

そのため強いラインと言えます。

 

 

 

次に5分足を見ていきます。

 

M5

M5でみると、

先程のヒゲでの反発がしっかりと確認できますよね。

  

そして、M5では、ほかに

ボリンジャーバンドとRSIも確認しています。

  

ボリンジャーバンドは2σタッチしています。

RSIも水準に入っていますね。

このことを確認しました。

  

 

続いて1分足です。

 

 

M1

M1では、周期を見ます

こちらのチャートを見ると、しっかりと同じ周期でラインまで

落ちてきています。

 

そして、このM1では、

反発してボリンジャーバンドに刺さる

反発してボリンジャーバンドに刺さる

 

という周期を繰り返しています。

なのでダラダラしていません

これが根拠の一つです。

 

そして、

ここはバンドウォークしていますよね。

 

バンドウォーク

ボリンジャーバンドの偏差2,3の間を上下しながら

トレンドに従って動くこと。

トレンドの強さが見れる動きのこと。

バンドウォークというのはよく懸念点にされますが、

ここでは、

バンドウォークしてから反発

バンドウォークしてから反発

を繰り返していたので

今回はむしろ根拠としました。

 

総評

 

まとめると、

M15で見てみると、大きなトレンドラインを抜けてきた局面だったので

もしかしたら下目線かもしれないという懸念がありました。

しかし、

他の足での根拠

直近の反発や、1分足の動き、周期という根拠

が強かったのでエントリーしました。

 

なので、

M15,M5ではラインを決め

最後の決めはM1の形、おなじような動きで落ちてきたということ

最終の根拠としました。 

 

 

最も大事なこと

 

結果、負けてもいいんです。

大事なことは、

エントリーするまでにどれだけ考えたか

どれだけ準備をしてシナリオを立てたか、ということです。

 

まずは考えてやってみましょう。

考えれば、

なぜ負けたのか、なぜ負ける可能性の高いポイントだったのかを

考え次に活かせます

 

準備8割9割の世界です!

 

シナリオがなければ反省もしませんし振り返りもしません。

分析をして、

こうなったらエントリーするという

ルールを作ってエントリーしてくださいね!

 

 

それでは今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました