【初心者はこれだけをやればいい】FXチャート分析3選

記事

今回は、
FX初心者はこれだけをやればいい!シンプルな方法をご紹介します!

 

 

こんな方におすすめ!

・これからFXを始めていきたい方
・手法が定まっていない方

 

参考になる内容になりますので、
ぜひ最後まで読んでいただき、今後のトレードにご活用ください!

 

 

エントリー条件を最小限に

 

まず肝に銘じてほしいのは…

”初心者こそ絞ってシンプルに!”

です。


ネット上には無数があります。


あれもこれも取り入れると
いろいろ考えすぎてしまい、エントリーができなくなります。

 

この手法は当てはまるけど、こっちの手法は当てはまらない…
どうしよう…
このポイントでエントリーをするのは正しいのか…?

なんてことを考えていると、
エントリーのチャンスを逃してしまうことも。

 

トレードにおいてNGな行動は、
ノウハウコレクターになること。

 

手法や知識はあるけど、
実際にトレードで使いこなせない。

1番やってはいけない行動です。

 

逆に結果を出すのが早い行動としては、
エントリーをすることです。

 

エントリーをする=経験値が上がる

 

実際に経験をしなければ、
負けパターンや勝ちパターンがわからず
手法が定まらない状況に陥ります。

 

だからこそ、
”エントリーをする”ということが
トレードで勝っていくためには必須で
稼ぐための近道となります。

 

できるだけ条件を絞ってシンプルに。

経験を積んで理解度が高まってきた際に、
徐々に条件を追加していきましょう。

 

通貨選定

 

通貨選定のおすすめは、
出来高のある通貨です。

 

そのためには
ご自身がトレードする時間帯の把握

その時間帯は
どの通貨の出来高が多いのかということを理解する必要があります。

 

下記の世界各国のマーケット時間を参考にしてください。

【オーストラリア】
夏 8:00〜14:00 冬 9:00〜15:00

【日本】
通年 9:00〜11:30、12:30〜15:00
【韓国】
通年 9:00〜15:00
【中国】
通年 10:30〜12:30、14:00〜16:00
【インド】

通年 12:45〜19:00
【イギリス、ドイツ、フランス】
夏 16:00〜0:30 冬 17:00〜1:30
【ブラジル】
夏 21:00〜5:00 冬 22:00〜6:00
【アメリカ】
夏 22:30〜5:00 冬 23:30〜6:00

 

トレードする時間帯に、マーケットオープンしている国の
関連通貨の出来高が一般的に多くなります。

 

FXは値幅=利益に繋がりますので、
できるだけ参入者が多い通貨を選択していきましょう!

 

ダウ理論

 

ダウ理論は6つの基本原則からなります。

 

 

1 価格は全ての事象を織り込む
2 トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
3 主要なトレンドは3つの段階から形成される
4 価格は相互に確認される必要がある
5 トレンドは出来高でも確認される必要がある
6 トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

 

今回重要なのは
⑥トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する
です。

上昇トレンドは、
高値と安値の切り上げが継続しているもの。

下降トレンドは、
高値と安値の切り下げが継続しているもの。

ではトレンドの転換点を
わかりやすくチャートで解説します!

 

 

こちらは上昇トレンドから下降トレンドへの転換したポイントです。

高値と安値が切り上げている状態でしたが、
安値が切り下げ、
その後の高値も切り下げました。

 

そして前回の安値をブレイクした時点
明確な下降トレンドに転換したことになります。

=上昇トレンドが終了したサインです。

 

 

これは下降トレンドから上昇トレンドに転換したポイントです。

 

高値と安値が切り下げている状態でしたが、
高値が切り上げ、
その後の安値も切り上げました。

そして前回の高値をブレイクした時点
明確な上昇トレンドに転換したことになります。

=下降トレンドが終了したサインです。

 

 

このように、高値と安値の位置関係を把握して
トレンドの転換を見極めていきましょう!

 

ライン

続いては分析に使うラインの解説をしていきます。

種類は3つあります。

①トレンドライン

 

1つ目はトレンドラインです。

 

トレンド相場を把握するために、
2点以上の高値または安値を結んだ線のことを言います。

 

 


安値
を引いた右肩上がりの線 ⇒ 上昇トレンドライン

 

高値を引いた右肩下がりの線 ⇒ 下降トレンドライン

わかりやすい高値、もしくは安値に注目して引いてみましょう!

②チャンネルライン

2つ目はチャネルラインです。

 

上記で説明したトレンドラインを引き
平行にチャネルラインを引いていきます。

 

 

トレンドラインはトレンド相場が始まる起点となり、
チャネルラインは、トレンド相場が終わる目標地点となります。

 

③水平ライン

3つ目は水平ラインです。

水平ライン=レジサポラインとも言います。

 


レジスタンス:頭(上)
サポート:底(下)

として多く反応しているポイントに水平ラインを引きます。

 

理想のエントリーポイント

 

それでは最後に
理想のエントリーポイントを解説します。

理想のエントリー=期待値が高いので、
初心者の方はこれまでご紹介した3つのポイントを意識してみてください。

 

 

上記のチャートはGBP/USD(ポンドドル)です。

時間帯は日本時間17時過ぎなので、
ヨーロッパ関係のマーケットがオープンしています。

GBP(ポンド)はヨーロッパの通貨なので、
通貨選定はOK。

 

次はダウ理論です。

 

高値と安値の位置関係に注目しましょう。

過去では高値と安値の切り下げが続き
下降トレンドとなっていました。

下降トレンドラインと、チャネルラインも引けますね!

ですが、高値の切り上げが発生し
その後の安値も切り上げました。

この時点で、上昇トレンドラインとチャネルラインが引けます。

この安値の切り上げが
絶好のエントリーチャンス!!!(矢印部分)

明確なトレンド転換を見据えてエントリーをしていくのです。

これが最も伸びやすい=値幅が取りやすい!

 

今回のご紹介した3選

①通貨選定
②ダウ理論
③ライン

全て合わさるポイントを探していきましょう!

まとめ

 

いかがでしたか。

 

 

今回は、
FX初心者はこれだけをやればいい!シンプルな方法をご紹介しました!

 

・エントリー条件はシンプルに
・できるだけ出来高の多い通貨を選ぶ
・3つのラインの精度を上げる
・エントリーをすることが1番の上達

 

上記を意識してトレードをすることで、
シンプルに、かつ勝率の高いポイントでエントリー経験を積むことができます。

 

ぜひ今回の内容を参考にしていただき、
FXトレードの上達に繋げてください!

 

タイトルとURLをコピーしました