【FXエントリーポイントこうやって見つけます!】ずっと使えるシンプル分析を解説!】

記事

今回はエントリーポイントを探す方法
全て公開していきます!

 

 

私の1日の流れは朝7:00過ぎに1回目の分析をしていきます。

 

子供が起きてくる前の時間を使って、

・どんなポイントを狙っていけそうか

・チャンスが近い通貨はどれか

このようなポイントに注目しながら見ていきます。

 

そして私の鉄板エントリー条件は

”長期足において3波が出現しそうかどうか”です。

 

人それぞれ、どの時間足を長期足と判断するかは異なってきますが、
私はデイトレードをメインに行っているので
日足、4時間、1時間をメインに3波動を探していきます。

 

USD/JPY(ドル円)の分析

ではまず、ドル円の日足から分析していきます。

 

 

これを見てどんなことを思いますか?

 

『もう下落しそう』

『まだ上昇しそう』

 

どちらの考えが浮かびましたか?

 

私は、まだ上昇中だと判断しました。

 

 

下落しそうと感じた方は、
このようなエリオット波動のカウントで見たのではないでしょうか?

 

確かに高値が切り下がっているので、
下落する形に見えますよね。

 

ですが、私が注目したポイントは安値です。

 

 

安値は継続して切り上がっています。

なので、目線はまだ上昇傾向という判断が良いと感じました!

 

 

実際に安値に合わせてトレンドラインを引いてみると
まだ下降という判断はできないことがわかると思います。

 

また、水平線がネックラインとなっていますね。

 

現在の価格も付近です。

 

再び反発をするのか、ブレイクするのか


今現状は難しい局面なので、
ここではまだ攻めないほうが良いでしょう。

 

このラインに対して反発すれば短期足のロング。

ブレイクすれば短期足のショートを取った方が期待値高いと言えます。


この付近は、今後の注目ポイントですね!

 

日足の分析結果は、3波は確認できず。

方向感がいまいちわからない、難しい局面だということがわかりました。

 

続いて4時間足を見ていきます。

 

 

下降トレンドが発生していそうですが、
押し安値を探してみると
しっかりとした安値(押し目)が判断しづらい形です。

 

 

 

 

誰が見てもわかる安値は、
日足でお話した水平ライン上にある安値。

 

やはりここの部分を割って来ない限り、
3波だという強い根拠は持てません。

 

続いて15分足を見ていきます。

 

 

値動きが非常に小さく、
三角持ち合いが確認できますね。

 

ドル円の分析結果は、やはり方向感がわからず…です。

強いラインに対して動きが出てきたら
再分析していきましょう!

 

EUR/USD(ユーロドル)の分析

 

次にユーロドルの分析をしていきます!

 

下落の5波動が終了し、修正している局面です。

 


三角持ち合いとなっていて、
現状方向感がいまいちわからなくなっていますが…

三角持ち合いの水平ラインを高値がブレイクしています。

 

しかし、日足の時点では
戻り高値を超えきれていないので、
下位足を詳しく見ていきましょう!

 

 

こちらは4時間足のチャートになります。

日足では戻り高値を超えていない状態でしたが、
4時間足ではやや超え、ネックラインをしっかりブレイクしています。

その後、一度戻した安値も切り上げていることから、
ここから3波が発生していると判断しても良いかもしれません!

もし、今のポイントでエントリーをしたとしても
1:4.6のリスクリワードなので非常に良い比率です。

 

 

GBP/USD(ポンドル)の分析

では次にポンドルの分析をしていきましょう!

まずは日足になります。

直近で数回たたかれていたトレンドラインを
ブレイクしていますね!

だからと言って、ここでロングをするのはNG!

2波は深くまで戻すことが多いので、
もう少し様子を見たほうが堅いトレードです。

より深い位置でエントリーが出来れば、
リスクが小さくなり、
利益も伸ばすことができます。

今回のトレンドラインブレイクを1波と考えて、
フィボナッチリトレースメントを引いてみます。

 

 

現在はフィボナッチリトレースメント61.8に
まだ到達していません。

最低限この数値までは待った方が良いですね!

予めラインやフィボナッチを引いておくと、
チャンスが掴みやすくなります。

ぜひ3波に注目して、
チャート分析をしてみてください!

その他通貨分析は、
コチラの動画で詳しく解説しています!

まとめ

いかがでしたか。

今回はエントリーポイントを探す方法についてまとめてみました。

私はFXを始めて3年ほどになりますが
この分析1つで日頃トレードをしています。

この1つの方法で、
月単位で負けることはありません。

自信のある分析方法ですので、
ぜひ皆さんも参考にしていただければと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました